Node.jsのバージョン管理をVoltaに変えた

2022.03.13 2022.03.17

前回のインストールしてあるNode.jsやnpmをアンインストールという記事で環境をきれいにしました。

今回は、試したかったVoltaを入れていきます。

Voltaは、手間いらずのJavaScriptツールマネージャと説明されています。

公式サイトによると、VoltaはあらゆるJSツールを迅速かつシームレスにインストールして実行でき、プロジェクトに参加する全員が同じツールを使え、パッケージマネージャ、Nodeランタイム、OSに関係なくvolta installという1つのコマンドだけで済むとのことです。

$ curl https://get.volta.sh | bash

後ろに| bashと付いてますが、bash、zsh、fishでインストールできます。

Windowsの場合は公式サイトの指示に従い進めてください。

インストールすると自動でパスを通してくれます

export VOLTA_HOME="$HOME/.volta"
export PATH="$VOLTA_HOME/bin:$PATH"
$ volta -v

バージョンが表示されたらOKです。

$ volta install node

バージョンを指定してインストールする場合、以下のような指定ができます。

$ volta install node@latest
$ volta install node@16.14.0
$ volta install node@16
$ volta install npm
$ volta list all

現在のプロジェクトで使用されているツールを確認する場合は、プロジェクトのディレクトリに移動してからvolta listコマンドで確認できます。

$ cd /path/to/dir  // プロジェクトのディレクトリに移動
$ volta list
⚡️ Currently active tools:

    Node: v16.14.0 (default)
    npm: v8.5.4 (default)
    Yarn: v1.22.17 (default)
    Tool binaries available: NONE

See options for more detailed reports by running `volta list --help`.

プロジェクトのディレクトリに移動して、volta pinコマンドでバージョンを固定できます。

$ volta pin node@16.14.0
$ volta pin npm@8.5.4

その情報はpackage.jsonに追加されます。

"volta": {
  "node": "16.14.0",
  "npm": "8.5.4"
}

このpackage.jsonを共有することで、同じプロジェクトに関わるVoltaを使っているメンバーは、バージョンを合わせることが容易になります

Nodo.jsのバージョン管理ツールがたくさんあって、同じプロジェクトに関わる人の環境がバラバラだった際に、情報を共有するコストが高いなと感じていたところに、このVoltaを知りました。

導入も簡単ですし、同じプロジェクトに関わる人も使ってくれたら楽できそうです。

Share this!
この記事を書いた人
今西 昭男
フリーランスのディレクター兼WEBサイト制作者です。
WordPressを使った制作やECサイトの構築などお気軽にご相談ください。
岐阜市登録市民団体 Shift

岐阜市登録市民団体 Shift

岐阜市民に対し、Web技術を通じてスキルの向上や習得のサポート、それらを活用した情報発信技術の習得や向上をサポートすることを目的とし活動しています。副代表をしています。

Gifu WordPress Meetup

Gifu WordPress Meetup

Gifu WordPress MeetupはWordPressに興味がある方のための地域コミュニティです。運営スタッフをしています。

CoderDojo岐阜

CoderDojo 岐阜

7歳から17歳の子供達へプログラミングに取り組める環境を無料で提供する活動です。メンターとして参加しています。

Adobe XD User Group NAGOYA

Adobe XD User Group名古屋

ワイヤーフレーム・UIデザイン・プロトタイピングの知識・経験などを、参加者全員で共有したり、最近の制作を取り巻くUXやそのツール・プロセスについて勉強することを目的にしています。運営スタッフとして参加しています。

制作のご相談はこちら